User's voice

「最初はこれがチラシ作成などにどう繋がるのかなと」(パーソナルトレーナーさま)

三か月プロモーションと原稿添削をサポートしている
パーソナルトレーナーS様のご感想。

1)パーソナリティを確認する質問について、
どう思いましたか?

最初はこれがチラシ作成などに
どう繋がるのかなと思いましたが、
自分の事を分析するいい機会になりました。
自分が気付いていなかった長所に気付けたり、
なぜこの仕事をしているかなど、
いい気付きがたくさんありました。

どのコースのクライアント様にも、
パーソナリティを確立するための質問をしています。
言い換えると、あなたの「強み」を浮かび上がらせる質問をしています。

あなたの「強み」を載せないで書いたチラシやご案内は、
提供者は誰であっても同じということです。
でも、売り物が缶ジュースみたいな既製品じゃないんだから、
サービス内容が「誰でも同じ」であるはずはないですよね。
お客様がサービスに興味を持ったとしても、
お申し込みまで行かないかもしれません。

お客様は、あなたの熱さ、想いを最初から聞きたいわけではないんですが、
サービスに興味を持ったら、次に提供者はどんな人かを知りたくなります。
だから、「その人らしさ」でほんのり色付けすることで、
サービスに申込みやすくなる「決め手」を加えることができます。

そんなわけで、あなたのサービスや告知したい内容とは
あんまり関係なさそうな質問をしています。

ちなみに、

1)のパーソナリティ質問について、
答えたことがチラシ原稿に活かされた感じはありますか?

はい、活かされました。
自分が伝えたい事が伝わるチラシになりました。

ヒアリングの途中で、
ご自身で伝えたいこと(なぜこの仕事をしているのか、など)が出てくるので、
そこをほんのり織り交ぜて書くようにしています。
あくまで、クライアント様にとって、うっとおしくならないようにね。

__S_a_l_e_s___W_r_i_t_t_e_r______________________________________
セールスライター三井美七
ご相談はこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT ME
三井美七
20年以上のキャリアを持つライター。 インタビューで「あなたのいいところまとめ」をするうちに、強みが勝手に発掘されます。発掘された強みを文章化し、セールスポイントを一言でまとめるUSPにしたり、自己紹介文にしたり、またチラシや名刺などの印刷物にする仕事を行っています。